真庭市がドイツのホストタウンになりました。

東京オリンピック・パラリンピックの開催により多くの選手や観客が来訪することを契機に、全国の地方公共団体と大会参加国・地域との相互交流や地域活性化を目的に、「ホストタウン」構想が進められていますが、このたび、真庭市のドイツを相手国とした計画が新たに登録されました。
真庭市には2005年の国民体育大会で馬術競技会場となった蒜山ホースパークがあり、市在住のリオオリンピック代表の原田喜市選手と馬術の強豪国であるドイツとのつながりを活かして、選手の招聘や馬術を中心にとした交流が予定されています。
県内のホストタウンは、岡山市(ブルガリア)、倉敷市(ニュージーランド)、美作市(ベトナム)、真庭市(ドイツ)の4市となりました。2020年に向けて、海外国との様々な交流が行われていきます!