ブルガリアバドミントン連盟と事前キャンプの協定を締結しました!

12月3日にはブルガリア共和国バドミントン連盟と、2020年東京オリンピックの事前キャンプに関する協定を締結しました。
調印式には伊原木知事、岡山市の大森市長、県バドミントン協会の岡﨑会長、ブルガリア共和国バドミントン連盟のピュザント・カサビアン会長が出席し、駐日ブルガリア大使館のボリスラフ・コストフ大使の立ち合いのもと、協定書に署名しました。
カサビアン会長からは、岡山の優れた練習環境で選手強化を図り、東京オリンピックに多くの選手を出場させたいとのコメントがありました。
岡山市がブルガリア共和国のプロヴディフ市の国際交流都市であり、東京オリンピックのホストタウンになっていることから今回の協定締結が実現しました。2020年に向けて、岡山市内ではブルガリア共和国とのさまざまな交流が予定されています!