スペイン柔道連盟と事前キャンプの協定を締結しました!

12月4日、2020年東京オリンピックの事前キャンプについて、県、岡山市、岡山県柔道連盟、環太平洋大学及びスペイン柔道連盟の5者による協定を締結しました。調印式には伊原木知事、大森市長、県柔道連盟の内野会長、環太平洋大学の村上副学長、スペイン柔道連盟のフアン・カルロス・バルコス会長が出席。2020年7月24日に開幕する東京オリンピックに出場するスペイン柔道代表チームが事前キャンプを岡山市で行うことや、今後、岡山県とスペインの間で柔道を通じた相互交流を行っていくことなどが記された協定書に署名しました。
調印式前に市内の施設を視察したバルコス会長は、岡山のおもてなしに謝意を述べられるとともに、2020年に向けて、岡山での選手強化に加え、日本文化を学ぶなど、さまざまな交流を進めていきたいとコメントし、調印者全員と固い握手を交わされました。
東京オリンピックまであと962日。岡山県をあげて、スペイン柔道をサポートしていきます!