7人制ラグビー日本女子代表候補の合宿がはじまりました。

7月2日(日)、女子セブンズ・デベロップメント・スコッド(7人制ラグビー日本女子代表候補)の合宿が美作ラグビー・サッカー場ではじまりました。
15時から行われた美作市ラグビースクールとの交流会では、中村知春選手の進行により、まず選手一人ひとりが自己紹介。打ち解けた雰囲気の中で、選手全員が16人の小学生とラグビーボールを使った鬼ごっこなどで楽しい時間を過ごしました。最後に行われた代表候補選手と小学生とのゲームでは、驚嘆のため息が漏れるようなパスやランを披露してくれました。小学生チームも奮起し、2トライを奪取!会場から大きな歓声があがりました。中村選手から子どもたちに向けて、「私たちの目標は東京オリンピックに出場すること。みんなも夢に向かって努力してください。」とのメッセージがありました。
予定時間を大幅に越えて交流会を行ってくれた選手の皆さん、ありがとうございます。これからラグビーを続ける子どもたちの良い思い出となったことでしょう。