同志社大学ラクロス部が合宿を行いました。

続いてのレポートは、同志社大学ラクロス部です。
今年度の関西学生リーグで、見事5年ぶりに関西の頂点へ上り詰めた同志社大学。11月から行われた全日本学生選手権では、見事決勝戦に進出しています。
「同志社大学ラクロス部は、岡山県美作市のふくます亭を拠点に9月12日から15日まで、3泊4日の合宿を行いました。1日目は午前中が移動、午後は美作市総合運動公園ラグビー・サッカー場にてトレーニングを中心とした練習を行いました。2日目は、本格的に強化練習を行い、3日目には、岡山大学ラクロス部との強化試合を実施し、情報交換もあわせて行いました。その日の夜には、宿舎にてミーティングを行い、強化試合時の動画を流し、フォーメーションのチェックなどを行い、今回の合宿で学んだことをチーム全員で確認し、11月に行われる全国大会での勝利に向けてチーム力を高めました。初めての土地で不安ばかりでしたが、旅館の方々をはじめ、先々で優しく声をかけくれてうれしかったです。また、機会があれば、岡山県で合宿がしたいです。」